読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウツボの寝顔

monna88882015-12-27

朝起きて、昨日読んだ本を参考に早速、散歩をしてみました。好きな神社へ行って、その裏手の道がどうなっているのかを確かめます。自転車があるときにはこんなにゆっくり歩くことは無かったけれど、今は自転車を自転車泥棒に盗まれたままなのでこの2本の足で、靴底を減らしながら歩くしかない。どうやら神社は近所の人たちの抜け道にもなっているよう。裏手から入ってきて、参道を降りて行く人が多いのが発見です。てくてくと歩いて、あ、この辺りは殺人鬼がいた場所だ、とかこの辺りでヤクザが喧嘩していた、などマイ事件簿のページをめくりながらゆっくり歩きます。


どうしてもやる氣が出ず、大掃除も、まだ1枚の年賀状すら書いておらず、いつの間にか夜。氣晴しにTPを迎えに行きました。ウツボの前で待ち伏せします。

ウツボは3匹。やって来たTPにガラガラ声でおかえりーと言うとニッコリしていました。ウツボが口を開けっ放しで眠って?いたので写真を撮って帰ります。鼻から何か出ているのは何だろう?あたしは、何だかとっても時間を贅沢に無駄にしているような氣がする。何だか半分死んでいるみたいな感じもする。街をどれだけ歩いても、誰もあたしに話しかけません。景色になっているのかな?