読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手のひらサイズ

monna88882016-02-27

朝起きると、おむすびが2つなくなっていました。TPは無事に出勤した様子、少しだけ申し訳ない氣持ちで寝坊して起きて、残っていたおむすびをひとつ食べて、すぐに英語の勉強です。「Where in Japan have you been?」日本のどこに行ったことがあるの?と尋ねる主人公と、そのやりとりを楽しく観ます。今日は生まれて初めて知った単語、typical、一般的という意味だそう。ティピカル、何度も口に出して覚えます。ティピカル、ティピカル。

午後、地下鉄に乗って本屋へ遊びに行きました。うろうろとしていると、英語の辞書コーナーで見つけて、心がときめいて、鼻血が出そうになった小さな辞書がありました。手のひらサイズの、何て可愛い英和・和英辞典!

ジェム英和・和英辞典

ジェム英和・和英辞典

ジェムという、日本で一番小さな英語辞書だそうです。サイズが数分の1だから、値段は2倍くらい。あまりにも見事な辞書で、しばらくボーッとしました。でも使えなければ意味がないと「typical」を調べると、代表的、典型的、特有の、象徴的とあります。これまで聞いたことのない単語だって出ているんだから、これは買ってみよう、鼻血が出そうな値段だけれど(4千円強)。

本屋を出て外のベンチで、手のひらサイズの和英辞典をめくりながら、海外旅行へ行く自分を夢見ます。彼女はちょっとわからない単語があると、ポケットから小さな辞典を出して、パラパラッと調べるのです。そんなことを夢に見ながら、ポケットから何度も出したり、入れたりしながら帰りました。