読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公園散歩

monna88882016-03-13

朝早く起きて、TPに誘われた「としまえん駅」前のシネコンに映画を観に出かけました。地下鉄の駅で、私のモシャモシャ頭を見てTPは「フランスの売れないアーティストみたいな髪型やね」と言います。あら?昨日はフランス女優って言ったやん、ひと晩で格下げ?失礼しちゃうわ。そもそもフランスってつければあたしが喜ぶと思っているのかな?売れていなくたってアーティストはアーティストだな、そう思うとやっぱり嬉しくなりました。

「ヘイトフル・エイト」オリジナル・サウンドトラック

「ヘイトフル・エイト」オリジナル・サウンドトラック

初めての映画館で観るタランティーノ監督のヘイトフルエイト。3時間の上映時間だそうですが、ゆったりと、堂々と、何と言っても70ミリフィルムで撮影したという冒険心、凝ったストーリー、まだ繰り返す?とあきれるほどのしつこさ、すべてを堪能します。映画を観ながら、もうこの監督は映画を撮ってくれるだけでいい、映画が面白いかどうかなんて関係無い、批判や批評も無くていい、ただ新作があれば嬉しいからこれからもずっと観に行こう、そう思いました。

それにしてもなぜとしまえん?どうやらTPの中で、休日の朝から行ったことのない映画館へ行って、その後でごはんか何か食べて、その街をぶらぶらと散歩することがブームになっている様子。今回は石神井公園を歩き回ります。私は行ったことがあるから別に行きたくない、そう言っていたのに、ちゃんと歩いてみると、歩いたことのない場所だらけ、大きい池など2つもあってまるで上高地?みたいな雰囲氣の森林を楽しめる場所もあるのです。やっぱり出かけてみるものだなあ。

木の根っこが陶芸作品のようにあちらこちらからニョキニョキと伸びています。公園から少し出ると豪農のお屋敷を移設した茅葺き屋根の施設や、野球場、芝生の小山、また公園に戻ると城跡や大きい池、どこを歩いても何だか楽しい場所。湧き水の出る小さな池のほとりのベンチでしばらく休んで、何より楽しいウッドデッキになった歩道を、ぷらぷら、ぷらぷらと歩いて、行きとは違う路線の駅までまた歩いて、コンビニのコーヒーを飲みながら家に帰りました。老夫婦の休日みたいでしょうか?あたしは去年、自転車を盗まれてから突然に歩くことに目覚めたので、今思えば、自転車を盗まれてしあわせなのかも知れません。足元は24時間走れる靴だし。